【特集】0歳教育の始め方はこちら

【衝撃事実】我が子の年収は3歳で決まる?稼ぐ秘訣は読む力にあった

これから、ひとつ衝撃的な事実を発表します。

心の準備はよろしいですか??

では、いきますよ、、、

我が子の年収は3歳のときの幼児教育で決まります!!

クラベル

どうですか、びっくりしましたか?

ちょっと煽りすぎですが、ひとつの事実としてしっかり受け止めましょう。

なにより、これから幼児教育を頑張ろうというママ・パパにとってはこの上ない朗報ですね。

  • お受験とか、英才教育とか、そういうのは我が家には関係ない
  • 自分が賢くないんだから、こどもに高収入を望むなんて無理

そんなふうに感じていませんか。

お受験や英才教育・自分の学力のことはいったん忘れて、発想を変えてみましょう。

3歳児に楽しくハッピーに読む練習をさせれば、我が子の年収が上がります!

どうですか?これならあなたにもできると思いませんか??

今回は、幼児教育と子どもの将来の年収について、その関係性をご紹介します。

クラベル

子どもにはお金の心配をせず、楽しく自由に生きていってほしい。

そう願う方は、ぜひ最後までお付き合いください。

稼ぐ秘訣は読む力にあった

ジョンソン・オコーナー博士が次のような発表をしています。あらゆる分野において、国語の力が豊かなことと、成功との間には、驚くほどの関連がある。(中略)40万人近くの人々をテストし、「地位の上下と収入の割合は、国語の力と正比例している。国語の力は学校の成績にも比例する」と述べました。大会社の社長、専務や上役ほど、下で働く人より国語の能力があることが分かったのです。

引用元:七田 真(昭和51年)「0歳教育の秘密」栄光出版社

少し下世話ですが、今日は「お金の話」です。

早い話が、国語力がある人は、組織で高い地位につけ、収入も高くなるそうです。

50年以上前にアメリカで行われた調査ですが、現在の日本でもそう大きな違いはないでしょう。

東大・京大などの高学歴の人が収入が高くなるというのは、みながよく知るところです。

しかし、オコーナー博士は高学歴の人が高収入であるといっているわけではありません。

国語の力がある人が、高収入だといっているんです。

そして、ここでいう国語の力とは「文書を読む力」と読み替えることができます。

文章を読む力があれば、学校の勉強ができ、勉強ができれば収入の高い職業や役職につくことができるというんです。

クラベル

ちなみに、私は国語が苦手でした(汗)

年収が高い人は読書量が多い

総務省によると、日本人の年収が高い人は、年収が低い人に比べて書籍を購入する額が多いという調査結果が出ています。

つまり、年収が高い人は読書量が多いということです。

ここだけを切り取って、「本を読みさえすれば年収が高くなる」という単純な話ではないのかもしれません。

しかし、年収が高い人が年収が低い人に比べて、積極的に本を読んでいるというのは事実です。

実際に、日本や世界で活躍するトップ経営者(ビルゲイツ・ジェフベゾス・イーロンマスク・孫正義・柳井正など)は、みんな大変な読者家で知られています。

さらに、彼らに共通していることは読書の対象が自分の専門分野だけでないということがあげられます。

歴史、経済、地理、哲学、科学などあらゆるジャンルの本を読んでいます。

おそらく、その根本にあるのが「文章を読む力」であって、読む力があるからこそ色々なジャンルの本を広く読めているんだと思います。

我が子の年収は3歳で決まる

2,3歳の乳幼児の時から文字の読み方を覚えるというのは、人生における吸収の一番楽な時期に、国語の能力の質のよい基礎をつくってやるということです。3歳で楽々と本を読みこなす子は、生読書欲を持ち続け、小学校に入ってからも読書が楽しく、そして読書を深めるほどますます学力が向上していくのです。(中略)読書の好きな子ほど、学力は高いのです。

引用元:七田 真(昭和51年)「0歳教育の秘密」栄光出版社
クラベル

3歳児に文字の読み方を教えられれば、本人の意思で読書を楽しむことができるそうです。

人は生まれたときの能力や才能に、大きな違いはありません。

その後の環境で徐々に違いが生まれてきます。

医者の子も、農家の子も、私の子も、あなたの子も、みんな生まれたときの才能は同じです。

違うのは、親である私(あなたが)が子どもたちにどんな環境を与えてあげるかです。

幼児期に「文章を読む力」を与えてあげれば、誰の子だとかは関係なく、優れた才能の土台作りをすしてあげることができます。

読む力は放っておいても鍛えられない

さて、ここで学力というものの構造を少し考えてみますと、中心にあるのは意欲です。生まれたばかりの赤ん坊は、どの赤ん坊も熾烈(しれつ)なほど学ぶ意欲をもっています。それが構わずにほおっておかれると、次第に周団の環境に興味を失い、希望を失って、退屈で、無関心な子供に育っていきます。

引用元:七田 真(昭和51年)「0歳教育の秘密」栄光出版社

私はこどもの幼児期のことを「成長のゴールデンタイム」と呼んでいます。

このゴールデンタイムにやってはいけないことが、「子どもは自由に育てるのが一番だ」と言って、何の教育もしてあげないことです。

「子どもの自尊心を尊重して自由に育てること」と、「必要な教育をまったく行わないこと」はまったくの別物です。

子どもは好奇心のかたまりです。

新しい刺激をあたえてあげれば、その全てをみるみる吸収します。

成長のゴールデンタイムに一つでも多くの刺激を与えてあげることが、「文章の読む力」を鍛え、考える力を養い、学力が向上して、やがて将来の年収にも大きな影響を及ぼします。

クラベル

この子にはお金に困らない、自由な生活を送ってほしい。

心からそう願うのであれば、「自由に育てる」という名の放任主義を捨てて、読む力を鍛えるべくしかるべき教育を施してあげましょう。

▼関連記事:ゴールデンタイムを見逃すな!刺激のシャワーで未熟な脳を鍛え上げろ

読む力は幼児期に鍛えるのがベスト

3歳でなら、絵本を次々に、読みこなしていく習慣が楽に身についてしまうのです。これを小学校に上がってから身につけさせようとしても非常にむずかしいことは、小学生の子どもさんをお持ちのお母さん方が、現実にとても多く体験しておられることでしょう。

引用元:七田 真(昭和51年)「0歳教育の秘密」栄光出版社

絵や文字に興味を持ち始めた幼児は、たとえその絵や文字が何を意味するのか理解できなくても、好奇心のおもむくままにずっと絵本を眺めているものです。

そこにあなたが絵や文字の意味を与え、ひとりで絵本を読むことができるように教育してあげれば、その好奇心は尽きることがないでしょう。

クラベル

文字の読み方やお勉強は、小学校にあがったら学校の先生たちがちゃんと教えてくれるでしょう。

これまで絵本や文字に興味を持ったことがない子が、小学校に上がって急に教科書に興味を持つと思いますか。

文字が読めるようになったからといって、新しくできた友達との遊びやテレビの誘惑に勝って一日中教科書を眺めていると思いますか。

そうです、文字を読ませる楽しみを教えるには小学校では遅すぎるんです。

3歳児に絵本の楽しさを教えるのと、7歳児に勉強の楽しさを教えるのでは、まさに天と地の差があります。

どちらが簡単か、すぐわかりますね。

読む力を鍛えれば勉強が楽になる

こうして学習に適した性格ができ、小学校に行ってからも勉強が苦にならず、本を読むことが楽しみで、楽々と学課をこなしていく子どもが育つわけです。

引用元:七田 真(昭和51年)「0歳教育の秘密」栄光出版社

幼児期に「文章を読む力」を鍛えることのメリットは、学校の勉強が苦ではなくなることです。

文章が読めれば、誰に習わなくても一人で教科書を読むことができます。

学校で習うことは、基本的にはすべて教科書に載っています。

授業の前に内容を読み進めることもできますし、気になるところは何度でも読み返すことができます。

読むこと自体に楽しさを覚えている子にとって、学校の勉強こそ楽しいものはありません。

教科書に書かれていることは、すべて自分の知らない刺激です。

クラベル

それは、絵本では知ることができなかった新しい世界の扉なのです。

幼児期にこそしっかり教育してあげよう

「文章を読む力」、言いかけると「文章を読む楽しさ」を幼児期のたった数年で教えてあげれば、その後は一人で勝手に知識を吸収できます。

知識が能力となり、やがて年収という形で不自由のない生活を与えることにつながります。

クラベル

どうですか、もうわかってきましたか?

幼児期の数年間のあなたの努力が、可愛い我が子の将来の生活をよりよいものに変化させるのです。

幼少期で鍛えた「文章を読む力」が、我が子の年収を決めます。

さあ、今すぐ文章を読むトレーニングを始めましょう。

本日の学び
  • 年収は「文章を読む力」によって決まる
  • 「文章を読む力」を鍛えるのは小学校に入ってからでは遅い、幼児期から始めよう

▼「読む力」を鍛えるおすすめサービスのご紹介

「絵本クラブ」ー絵本ナビ

読む力は鍛えるのは、絵本が一番です。

どんな絵本を選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。

そんな人は、「絵本クラブ」を利用してみてください。

年齢にあわせて、絵本選びのプロが家庭で揃えておきたい良書を毎月バランスよく届けてくれます。

クラベル

毎月届く良質な絵本で、子どもたちの読む力を鍛えてあげましょう。

\年間1900万人が利用する「絵本ナビ」/

年齢別にプロが良書を厳選

読み終わった本の引き取り保証付き

ブログランキングに参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!